​住吉神社 御祭神

  • ​底筒男命 (そこつつのおのみこと

  • 中筒男命 (なかつつのおのみこと

  • ​表筒男命 (うわつつのおのみこと

  • 気長足姫命(おきながたらしひめのみこと 神宮皇后

​住吉神社 御由緒

社伝によれば、天正16年(1588年安土桃山時代)に創建され、寛永6年(1629年江戸時代)社殿を再建した。

明石藩第7代藩主松平齋韶公に、金燈篭一対を献上、大久保町新田高157石3斗7升2合を賜る。
その後、明治6年(1873)11月大久保庄首位の神社(郷社)に列せられる。

旧祭礼日(秋大祭10月19日)10月の例祭は宵宮祭・晝宮祭が行われ、晝宮祭には御旅所で神幸式があり、森田村・小久保村・鳥羽新田村・下中津村・上中津村・松蔭新田村・松蔭村・中の番村・大窪村・山ノ下村・西大窪村・福田村・西脇村・岩岡西脇村・金ヶ崎村・柳井村・長坂寺村・長池村・濱西村・清水村・清水新田村の各村は、献灯提灯役及び神幸式御道具持ちを毎年交代で参加し、賑わっていた。当時の氏子戸数は145戸であった。
その後、各村の参加は廃止となった。

現在の社殿は大正4年に再建され、補修・改築を行い今日に至る。

 

御神徳:家内安全・商売繁盛・災厄消除・縁結び・海上守護の神として、ご神徳広く崇敬される。

 

境内 末社

  • ​春日神社

  • 大國主神社

  • ​八幡神社

  • 柿本神社

  • 稲荷神社

大正四年社殿再建時